ロイヤルの購入後レビュー~!スペシャル

またいつ飽きてくるかドキドキですが、今のところこれをベースに様子をみたいと思います。昨年!17歳の子が慢性腎不全と診断されて以来!他の子の健康維持のためにも様々な療法食を試しました。以前のルーナルと比べるとカロリーがずいぶん低くたんぱく質も抑え目!その分美味しくないだろうな!と思いつつも!購入です。

これっ♪

2017年05月03日 ランキング上位商品↑

ロイヤル サポート スペシャルロイヤルカナン猫用 腎臓サポートスペシャル ドライ 2kg【食事療法食】

詳しくはこちら b y 楽 天

形状は7mm弱のカドの取れている三角形!ネコにも食べやすいサイズ!形状です。我が家は現在1歳半から推定14歳まで6匹ネコが居ますが!一番長く暮している今年8歳になった長男ネコが!一昨年3月に慢性腎不全になってしまった為!間違いが無いように全員に食事療法食を食べさせています。これも少ないセレクトの中でも特に続けて食べてもらうつもりで居ます。届くのが早いのも安心便利。腎不全宣告を受けた日に、処方食のサンプルとしてこれをもらって、猫が食べてくれたので、2kg買いました。病気の猫のための治療食ですが食事場が一緒のため他のこもこちらを好んで食べようとします。わたくしが特に気をつけるのは!過剰摂取を抑えるべき淡白質!ナトリウム!リン!そして尿路疾患の原因になるマグネシウムなど!ですが!タンパク質に関してはほぼ全社24%!ナトリウム!マグネシウムに関しては!多少アップダウンはありますが!ナトリウムは味付けになるので!食欲が減退する時期などには!食べないために体力を落とすよりは良いのでは!という意見に!獣医さんも同意していましたので!多少の増減にはあまり神経質にならないようにしています。成分の中でもっとも秀逸な部分は、リンが、他社のものよりはるかに低いことで、K/Dと比べると約8分の一程度、腎疾患の悪化を抑制するのに効果の高い成分配合だと思います。他の猫も!ワクチンや他の不都合の際に!必ず年に一度は血液検査をしていますが腎臓機能あわせて健康状態は良好です^^医療食ですが!よく食べてくれます。成分の中でもっとも秀逸な部分は、リンが、他社のものよりはるかに低いことで、K/Dと比べると約8分の一程度、腎疾患の悪化を抑制するのに効果の高い成分配合だと思います。いつも、ドクターズケアのキドニーケア、チキンをメインに、フィッシュ、ロイヤルカナンリーナル、スペシャル、K/Dをミックスして、飽きが来ないよう、それぞれ微妙な成分の違いを補い合えるようにして食べさせています。獣医の先生のお薦めで購入しました。また利用させていただきます。腎不全を患った愛猫のために購入しました。血液数値も安定してます。与え始めて1月ちょっとになりますが、やはり途中で飽き気味に・・鰹節を少し混ぜたりすると食べてくれたりします。形状は7mm弱のカドの取れている三角形、ネコにも食べやすいサイズ、形状です。我が家は現在1歳半から推定14歳まで6匹ネコが居ますが、一番長く暮している今年8歳になった長男ネコが、一昨年3月に慢性腎不全になってしまった為、間違いが無いように、そして他の猫の腎臓疾患予防の為にも全員に食事療法食を食べさせています。KDやアイムス等に関しては、KDは栄養成分に、こちらと比べると明らかに脂質、リン、ナトリウムなどが多すぎる事と、アイムスは商品リコールがあったことでセレクトから外して、ロイヤルカナン2種、ドクターズプロ2種のどちらかのミックス、で最近はずっと与えています。処方食をずっと与え続けなければいけないので、こちらの良心的なお値段は大変ありがたいです。慢性腎不全歴約2年の息子猫の為に6匹の猫全てに、腎臓ケアの食事療法食をミックスして食べさせていますので大量に消費しますが、猫の掛かりやすい、死亡率の高い疾患ナンバーワンの腎不全の予防の為にも他社製品と比較してベストはロイヤルカナンと断言できます。こちらは若干リーナルよりナトリウムが多いものの、本当に僅か、0,03gm/100kclですが、少しでも味付けになるので、よりネコ達にも好評です。げもう2年半以上診察検査は2ヶ月に一度、投薬は一日おき、食事は上に加えて、夜はシニア用ウェットにニボシ、カニカマ等のトッピングとH4Oを加えたもの、他にオヤツはペトロモルトや毛玉ケアスナック程度の食事内容ですが、血液検査の結果も発症時よりかなり低い数値、正常範囲に近い数値を維持していて、先日の結果は、BUN37、CREA1.8、とまずまず、獣医さんからも、BUN40以内、CREA2.0以下をキープするのが、ベストオブベスト、と話したばかりですので、やはり食事内容は大事なので、今後もこのミックスで6匹全員、健康維持させてあげたいと思っています。成分の中でもっとも秀逸な部分は!リンが!他社のものよりはるかに低いことで!K/Dと比べると約8分の一程度!腎疾患の悪化を抑制するのに効果の高い成分配合だと思います。形状は7mm弱のカドの取れている三角形!ネコにも食べやすいサイズ!形状です。普通のご飯よりも!確かに香りが良い様で!食欲がない愛猫も何とか食べてくれました。こちらは!最初に診断を受けたときに!獣医さんからサンプルを沢山頂いて!幸いにも長男ネコも食べてくれたので!ずっと複数チョイスのひとつとして欠かしていないリーナルの次に発売されてすぐに試して見ましたが!こちらは若干リーナルよりナトリウムが多いものの!本当に僅か!0,03gm/100kclですが!少しでも味付けになるので!よりネコ達にも好評です。多少のアップダウンはあっても!血液検査の結果もある程度安定しています。これも少ないセレクトの中でも特に続けて食べてもらうつもりで居ます。わたくしが特に気をつけるのは、過剰摂取を抑えるべき淡白質、ナトリウム、リン、そして尿路疾患の原因になるマグネシウムなど、ですが、タンパク質に関してはほぼ全社24%、ナトリウム、マグネシウムに関しては、多少アップダウンはありますが、ナトリウムは味付けになるので、食欲が減退する時期などには、食べないために体力を落とすよりは良いのでは、という意見に、獣医さんも同意していましたので、多少の増減にはあまり神経質にならないようにしています。我が家は現在1歳未満から推定13歳まで5匹ネコが居ますが、一番長く暮している今年6歳になった長男ネコが、昨年3月に慢性腎不全になってしまった為、間違いが無いように全員に食事療法食を食べさせています。いつも、ドクターズケアのキドニーケア、チキンと合わせて、ロイヤルカナンリーナル、スペシャルをミックスして、飽きが来ないようにして食べさせています。とてもよく食べてくれたのでよかったです。獣医さんにRENALを勧められ、サンプルをいただいたのですが食いつきが悪くて... このスペシャルを与えてみたら、美味しくないと言われる処方食とは思えないくらいの食べっぷりで一安心です。今のところ病気のこも少しずつですが、食べてくれていますのでホッとしています。最初は500gを病院で購入したのですが、お値段がお安かったので2kgをこちらでチャレンジしました。結果、ドライはロイヤルカナンスペシャルとキドニーケアを喜んで食べてくれたで、この2つを交互にあげるのが、我が家の定番になりました。療法食のまずさを改善してくれるというのは本当に有り難いことです。スペシャルになってからはこれをメインに出来るくらい食べてくれるようになりました。かかりつけの動物病院の先生が別にかまわないといわれるのですが経費のことを思うと複雑な心境です。スペシャルは平たい三角っぽい7,8mm程度の大きさでドクターズプロよりも転がりにくく散らばされている事も無いので、猫の嗜好性も或る程度高いと想います。結局食べてくれなければ体力も維持できませんし!病気にも大きく影響するので!極僅かでも美味しく食べてもらえると想います。肝臓だけの時は病院で売っていたヒルズのI/dをあげていましたが腎機能も少し気になると言われたので慌ててこちらの商品を注文。年齢は10歳〜17歳まで!7匹を多頭飼いしています。一緒にH4Oも購入してみました。。我が家には片腎のこを含めて3匹の猫がいます。今回は先月生後11ヶ月のコネコを保護したこともあり、再度成分を比較してみましたが、わたしが特に気をつけるのは、過剰摂取を抑えるべき淡白質、ナトリウム、リン、そして尿路疾患の原因になるマグネシウムなど、ですが、タンパク質に関してはほぼ全社24%、ナトリウム、マグネシウムに関しては、多少アップダウンはありますが、ナトリウムは味付けになるので、食欲が減退する時期などには、食べないために体力を落とすよりは良いのでは、という意見に、獣医さんも同意していましたので、多少の増減にはあまり神経質にならないようにしています。また、一度ノーマルの方にしてみたのですが、こちらは好みではなかったようで、少ししてからまたスペシャルに戻してみると以前より食べてくれるようになりました。これはずっとミックスの一つとして継続利用していますが色々と混ぜている所為か猫も飽きずに食べてくれます^^獣医師さんもお勧めの御品です^^以前はk/dやキドニーケア(フィッシュ)を試しましたが、それだけではなかなか食べてくれず、普通のウェットフードを少し混ぜて食べさせていたのですが、こちらに変えてから治療食のみでも食べてくれるようになりました(嬉)その為か、なかなか思うように下がらなかったBUNやクレアチニンも今は正常値まで落ち着き、とても嬉しいです。ロイヤルカナンは丸いですが平たい粒で、噛み心地は軽いカリカリです♪ちなみに、キドニーケアーは小さな俵型で、ロイヤルカナンより軽くサクサクした感じです♪(一応、人間も試しに噛んでみました・笑・)腹持ちがいいのは、ロイヤルカナンみたいです(笑)我が家の5匹のシニア率が高くなりつつある今、欠かせないフードです。具体的な数値としては、前回の2ヶ月に一度の血液検査の結果はBUN:37.3{正常値17~35}最良値は34CREA:2.0{正常値0.6~1.8}最良値は1.7一時は正常範囲内にどちらかの数値が良好な状態になる事は有りました、が、基本的に治癒は人間同様に望めない疾患ですので現状維持、BUN40以下、CREA2.5以下、これは獣医師と話し合った結果、この範囲で維持して行きましょう、という望めるベストの数値です。膀胱炎で行った病院の血液検査で肝臓とともに腎機能の数値が若干悪くなってきたと言われた14歳の猫のために。こちらは、最初に診断を受けたときに、獣医さんからサンプルを沢山頂いて、幸いにも長男ネコも食べてくれたので、ずっと複数チョイスのひとつとして欠かしていないリーナルの次に発売されてすぐに試して見ましたが、こちらは若干リーナルよりナトリウムが多いものの、本当に僅か、0,03gm/100kclですが、少しでも味付けになるので、よりネコ達にも好評です。リーナルよりも僅かにナトリウムが多いですが、これは猫の嗜好性を高めて、只でさえ味付けの薄い食事療法食を僅かでも猫が食べるように、戸のことだと想います。いつも、ドクターズケアのキドニーケア、チキンと合わせて、ロイヤルカナンリーナル、スペシャルをミックスして、飽きが来ないようにして食べさせています。一ヶ月後の再検査の数値が少しでも良くなっているといいな。どちらも療法食の中では!お魚系の香りだと思います。