ラケットの購入後レビュー | ウィルソンスタッフが期間限定並みの「納得」価格!フェデラー

打感に関してはK six-one 95より良いと思いました。プロスタッフ95使っていました。。

これっ!

2017年01月31日 ランキング上位商品↑

フェデラー ウィルソン スタッフ ラケットフェデラー使用モデルの軽量版】ウィルソン 2014 プロスタッフ 97(315g)(海外正規品)硬式ラケット(Wilson Pro Staff 97 Racket)【2014年9月登録 硬式ラケット】WRT7249

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

打球のフィーリングは極上ですね。バーン100より少し重いのですが、とても扱いやすいラケットです。といっても飛びすぎるわけではなく、自分の想定+αという感じです。ちなみに、古い時代のスイングのせい、私には黄金スペックのラケットの方が敷居が高く感じます。それとくらべて、飛びます。早速❗サークルの仲間が欲しがっていました。振り抜きは、2in.sq違うだけなのでそんなに大差は感じませんでした。今年から!少し重めのラケットを使用したいと思い購入しました。95in.sqの方が外見はカッコ良いです。あと黒と赤のカラーリングがカッコいいですね。打感がおおきく変わるのではと心配でしたが!とくに違和感なく使えてます。プロスタッフを使いなれた人からすると!敷居が低くなったなぁと思いますが!そうでない人からは!それほどでもないのかもしれませんね。ボレーの精度が良いラケットです。なかなか振りやすかったです。両者のスペックを比較して!飛び具合が大体同じくらいだったので自分に合うと思い!購入しました。自分には!打ち易すぎるラケットですが!黄金スペック使っている友人からは前作同様不評です。ただヘッドサイズ97in.sqという形がビミョーです。購入して良かった。メーカの説明では半分ラウンド形状、半分ボックス形状との事ですがまさにその通りで、ラウンド形状の弾きの良さ、ボックス形状のしっかり捕まえるフィーリング、両方を味わえます。K six-one 95(古)からの乗り換えです。